本文へ移動
こしひかりの郷「新潟妙高産直のコシヒカリ」をどうぞ。
昔ながらの手作り栽培で育てた
こだわりのお米を、自信を持ってお届けします。
この山間地で作られたお米
安心・安全なお米を皆様の食卓へお届け致します。

農場日誌

新潟妙高で稲作農家を営む家族の物語

RSS(別ウィンドウで開きます) 

田打ち終了

2022-05-12
田打ち終了
今年は雪解けが遅く春作業のスタートも例年より10日ほど遅れてのスタートになりましたので自然とそのまま、
遅れての進行になっていますが田打ち終了しました。
これから代掻き(水を入れて土をトロトロにして田植えが出来る状態にします)になります。
怪我・事故の無いように頑張ります。





山菜事業 女子部 設立

2022-05-08
ウドを片手に女子部始動
毎年趣味で山菜を採っていますが「静恵」「直美」の山菜女子部が立ち上がりました。
(ふきのとう)から始まり(こごみ・タラの芽・ワラビ・ウド)ですね。
(ワラビ・こごみ)はHP等で準備出来次第販売開始致します。
今年はテスト販売ですかね~
来年の目標(干しゼンマイ・コシアブラ)など少しずつ増やしたいですね(*^_^*)





男は畑だ!

2022-05-01
昨年から稲作りより畑作に命を燃やしている「父」です。
稲も良いけど~畑作面白いな~との事です。
ジャガイモ植えています。





珍しい電車?

2022-04-17
今日は朝から春らしい陽気に少しウキウキして仕事をしていると県外ナンバーの車が集結、
この辺りは電車の写真スポットになっているので珍しい電車が来るときはどうしても混雑してしまいます。
総人数50人ほどの人に交じって珍しい電車を撮ってみるか!っと言うことで電車が来る30秒ほど前からスタンバイ(他の方に邪魔にならないように)
結果「うーん結構見てるやつじゃん!」でした(^_^;)






うーん違和感が!

2022-04-15
ようやく田んぼにも雪が無くなり農業を開始できています、例年より10日ほど遅いスタートですね。
毎年決まった時期にする作業と季節感のずれ、なのでしょうか?農作業が始まったばかりなのですがサクラが咲いている違和感・・・
毎年サクラが咲く季節は仕事が進んでいて田打ちとかしている最中なんだよな~なんて思った出来事でした。





TOPへ戻る